お名前 例)山田太郎
お電話 *半角英数
メールアドレス *半角英数
ご相談内容


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容

<

交通事故が発生し,自分が被害者となってしまうこともあると思います。 その場合,後日,保険会社との交渉に備え,事故現場でしておいた方が良い点についてまとめます。


交通事故の被害者の方がするべきことは,「加害者の確認」,「警察への通報」,「目撃者の確保」などです。


まず,交通事故の加害者が誰なのか,という点を明確にしておきます。 加害者の運転免許証や車検証などを確認させてもらい,メモを取ったり,携帯で写真撮影しておくといいでしょう。
もし,加害者が協力的でない場合は,自動車のナンバープレートの登録番号だけでも控えておくようにします。


そして,加害者が興奮して警察への通報をしていない場合,被害者の方が警察へ通報するようにします。


また,近くに事故を目撃していた方がいる場合,名前や連絡先などを聞き,後日,協力を依頼することがあることを伝えておくようにしてください。


逆に,交通事故の現場でしない方が良い点については,「事故現場での示談交渉」,「加害者に対して,書面作成を求めること」などです。


損害額が確定していない状態で示談交渉するのは大きな問題があり,損害を賠償する旨の書面作成なども必要ありません。
もし,不明な点があれば,事故現場であっても,高松の弁護士に連絡して,指示を受けるようにすることも可能です。

 

交通事故の被害者は,自分の受けた損害について,加害者や保険会社に対して損害賠償請求することになります。 このときに必要になる書類は,

 

(1)交通事故証明書,(2)税務申告書等,(3)診断書等,(4)領収書,(5)後遺障害診断書,などになります。

 

まず,事故が発生した事実を証明する「交通事故証明書」は,重要です。 事故後,警察への通報がされていないと発行されず,損害賠償請求が困難になります。

 

また,「税務申告書等」とあるのは,休業損害や逸失利益を請求するための所得を証明する書類,休業証明書などです。 次の「診断書等」は,入通院をした医療機関が作成する診断書や診療報酬明細書などです。

 

そして,病院に通うための電車やバスなどの領収書なども残しておくようにしてください。 また,どの範囲について領収書を残しておくかですが,残せるものはすべて残しておき,後日,弁護士に相談してみることもできます。

 

また,後遺障害を残した被害者の方は,医療機関による後遺障害診断書なども必要になります。 事故後,すぐに高松の弁護士に依頼する場合は,残しておくべき領収書などの説明もあると思います。

 

しかし,後日,依頼するかどうかを決定するような場合は,無料相談などを利用し,請求のための準備について確認しておくこともできます。