質問 弁護士に依頼するメリットを教えてください。


回答 メリットは3つあります。


弁護士に依頼するメリットは、多く分けて2つあります。

1つ目は、弁護士に依頼することで、示談金額が増加することです。

2つ目は、保険会社と交渉する精神的負担から解放されることです。

3つ目は、後遺障害の等級認定手続をしてもらえることです。

この3つのメリットを順番に説明していきたいと思います。

1 弁護士に依頼することで、示談金額が増加すること


保険会社は、正しい保険金を支払おうとはしません。

保険会社は、交通事故の被害者に対して、必ず、本来よりも低い保険金額を提案しているのです。

加害者側の保険会社は、どうしても自分の会社の利益のことを一番に考えます。

被害者に支払う保険金を少なくした方が保険会社は儲かります。

そのため、どうしても被害者に対しては支払う金額を低くしようとするのです。

一般の方は、交通事故に遭うことは、普通は初めてですから、 「こんなものなのかなあ……」 と思って、示談書にサインをしてしまうことが多いのです。

一方、弁護士が交渉した場合には、事情が違います。


弁護士は、いざとなったら裁判をすることもできます。

ですから、保険会社に対して、強い態度で交渉をすることができるのです。

強い態度で保険会社に立ち向かうことができるので示談金が増加するのです。

こういうふうに、示談金が増加する、ということは、弁護士に依頼するメリットであると言えるでしょう。

2 保険会社と交渉する精神的負担から解放されること


被害者自身が保険会社のプロと交渉するのは大変な精神的な負担を感じるものです。

交通事故の被害者は、治療を受けて通院するだけでも大変なのですから、保険会社の相手をする時間などないのです。

当たり前のことです。

それにもかかわらず、保険会社の人間は、被害者に対して、とても冷たい態度をとることが多いのです。

あってはならないことです。

しかしながら、冷たい態度をとる人間がいる、ということは事実なのです。

また、保険会社の人間のなかには、法律についての知識のない人を下に見るような品のない人間もいます。(全員ではないですが)

保険会社の方から、不愉快な話し方をされた被害者の方は、大変に多いのです。

ですので、被害者の方のなかには 「保険会社と話をするのもイヤだ」 と思っている方は多いのです。

多いというよりも、大半の被害者の方は、保険会社の方と話をするのは心の負担になると思っています。


弁護士に依頼をすれば、あとは弁護士が本人に代わって保険会社と交渉をしてくれますので被害者としては、全てを弁護士にまかせて自分は報告を待っているだけでよくなります。

とても楽です。

ですので、保険会社の人間と話をしなくてよい、ということも、弁護士に依頼するメリットのひとつであると思います。


3 後遺障害の等級認定手続をしてもらえること


重大な事故の場合には、後遺障害の等級認定という手続があります。

この手続は、医学的な知識と、法律的な知識が必要で、とても難しい手続なのです。

被害者の方が一生懸命に勉強して、自分で手続をすることも、絶対に不可能ではありません。

しかしながら、すごく勉強が必要になりますし、時間も非常に必要です。

一方、弁護士に後遺障害の等級認定手続をまかせれば、被害者は何もしなくても適正な手続をしていただけますので、安心して見ていることができます。

弁護士に後遺障害認定の手続をしてもらうときには、普通は費用が必要です。

しかし、自分が自動車保険に入っていて、弁護士費用特約を使えるのであれば、弁護士費用も無料になります。

自分が自動車保険に入っていなくても、同居の家族が自動車保険に入っていれば、弁護士費用特約を使えることもあります。

ぜひ、弁護士をご活用ください。
 

 

 


お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お電話をする前に必ずこちらをクリックしてください

お名前  例)山田太郎
お電話  *半角英数
メールアドレス  *半角英数
ご相談内容